温泉成分が織り成す神秘的な模様!島牧村「千走川温泉」の驚きの床とは?|Domingo

温泉成分が織り成す神秘的な模様!島牧村「千走川温泉」の驚きの床とは?

島牧村

スポット

日本海に面した島牧村は、海と山に囲まれた自然豊かな場所。もちろん素晴らしい温泉だってあります。今回ご紹介するのは「千走川温泉」。お風呂場に入った途端、ビックリしますよ!

千走川と書いて「ちはせかわ」と読みます。そんな千走川温泉が発見されたのは、明治4年のこと。今回お邪魔した「千走川温泉旅館」は、温泉施設として明治18年に創業したという老舗です。
脱衣場からお風呂場へと足を踏み入れた瞬間、まずは床一面に広がった模様に驚かされます。温泉成分が析出したことによって、独特な平面図形をつくり上げているのです。
さらには、湯の濃い色にもビックリ! 床の模様と相まって、これは温泉気分が高まります。千走川温泉の泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(低張性中性温泉)。

かつては「重曹泉」と分類されていたもので、皮膚の表面を軟化させるため、皮膚病や火傷、切り傷に良いとされています。
泉温は37.1℃で、少しぬるめ。そのため、ほんの少しだけ加温しているということですが、温泉成分には影響なさそうです。さらに泉質には記載されていませんが、少し鉄分が含まれていて、湯に浸かっているとほんのり鉄の香りが感じられます。

また、千走川温泉旅館には内風呂の他に露天風呂もあるのですが、屋根がないため落葉の多い秋や積雪の時期は閉鎖されます。
見た目にインパクトのある千走川温泉、意外にも肌ざわりはサラッとしています。賀老の滝(※)や狩場山登山の帰りに立ち寄ると、観光の疲れも癒してくれそうです。もちろん、千走川温泉旅館では、宿泊することも可能。

島牧村を訪れた際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

※2021年11月末現在、滝に向かう遊歩道は通行止めになっています(崩落の危険があるため)。

※千走川温泉の雰囲気をもう少し知りたい方は、私たちのTouTubeチャンネル「ほわっと湯めぐり北海道」をぜひご覧ください!


<千早川温泉>
所在地:北海道島牧郡島牧村江ノ島561
電話:0136-74-5409
公式サイト:https://www.chihasekawaonsen.com/

ライタープロフィール

北海道観光カメライター ぶちねこ

北海道の観光スポットや観光施設につながりをたくさん持ってる「ぶちねこ」です。北海道に住んでいると当たり前に思っているものでも、素晴らしい資源がたくさんあります。そんな素敵な北海道の魅力を発信していきます。

  1. ホーム
  2. Domingo編集部
  3. 温泉成分が織り成す神秘的な模様!島牧村「千走川温泉」の驚きの床とは?

Domingoアプリアイコン

北海道のイベント・ニュースはDomingoアプリで!

無料ダウンロード